便秘が生理痛を引き起こす!


久しぶりの投稿となりました。

奈良の不妊整体・産後骨盤矯正専門の「奈良めばえ整体院」の尾倉です。

 

今日は女性の悩みとして非常に多い便秘と生理痛の関係についてお話しようと思います。

一見便秘と生理痛は関係ないように見えますが、生理痛がある方の中に便秘でも悩んでいるという方が非常に多いというのが施術をしていて感じます。

大きな理由としては3つあります。

  • 骨盤のゆがみ
  • 便秘による腸の圧力
  • 子宮のゆがみ

 

◆骨盤のゆがみ

便秘で悩む方の多くは骨盤のゆがみがあります。骨盤が歪むことで骨盤内にかかる圧力が変化します。

便秘で問題になるのはS状結腸と呼ばれる大腸の端っこの部分です。生理痛がある方のなかにはこの部分に違和感や鈍痛を感じる方がいます。

 

◆便秘による腸の圧力

便秘になると腸内に便が溜まってくるのでおのずと腸の圧力が増します。それは隣接する子宮への圧力となります。

 

◆子宮のゆがみ

骨盤のゆがみ、腸の圧力などによって子宮がゆがみます。

子宮はゆがむことでうまく収縮できないため生理時に痛みを伴ったり、また生理の量や経血の状態に影響してきます。

 

生理痛に悩む方は多くいます。もちろんその原因は色々ありますが、便秘により体内で上記のようなことが起こることが生理痛を悪化させる要因になりえるのです。

 

生理痛がひどく、便秘がある方は便秘を解消することが生理痛軽減の第一歩になるかもしれません。

ここで今すぐできる簡単な便秘解消法をお伝えしましょう!それは・・・

腹筋です!!

 

便通は腸の蠕動運動によって起こります。この蠕動運動が低下することは便秘に直結するのです。腹筋をすることで腸に刺激を入れ蠕動運動を促進できます。またウォーキングなどで骨盤を動かすことも有効です。

夏場は暑くてウォーキングは気持ちが折れるので、自宅でできる腹筋から始めてみてはいかがでしょうか?


SNSでもご購読できます。

2018年9月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930