卵子の質を悪くしないための今すぐできる対策


奈良の不妊専門整体、奈良めばえ整体院。

生理痛、生理不順を改善し、妊娠しやすい体作りを目指す妊活サポーターの尾倉です。

 

妊活中の方なら皆さん気になるのが卵子の質ですね。

そのために病院で治療を受けたり、サプリメントを飲んだりいろいろ努力をされていると思います。

 

今日は卵子の質を良くするためではなく、悪くしない方法をお伝えしたいと思います。

することはいたってシンプルです。

 

今すぐ冷蔵庫を開けてください。

そして今すぐマーガリンをゴミ箱に捨てて下さい。

 

マーガリンは自然界に存在しない病気をつくる油です。

 

油は悪いものと思われがちですが、体にはなくてはならないものです。

それは細胞を包む細胞膜を作っているから。

 

細胞膜の働きは・・・

  • 細胞に必要な酸素や栄養を吸収する
  • 細胞内で発生した老廃物を排泄する
  • 情報を伝達する
  • 細胞内外の浸透圧の調整

 

こんな風に、生命活動に欠かせない仕事をしています。

 

この細胞膜の働きを悪くしてしまうのがマーガリンを始めとする病気をつくる油。

 

この油が細胞膜に入り込むことで細胞に必要なものが流出してしまったり、逆に有害物質が侵入しやすくなってしまうのです。

細胞自体の働きが弱くなってしまうのは当然ですよね。

 

卵子も1つの細胞です。

 

想像してみてください。

 

  • 卵子に必要な酸素、栄養素がうまく吸収できない。
  • 老廃物がちゃんと排泄できない。
  • 情報がしっかり伝わらない。
  • 卵子に必要なものが流出してしまう。
  • 卵子に有害な物質が侵入しやすくなる。

 

どうですか?

これで卵子の質を良くしたいと言っても無理がありますよね?

卵子の質を良くしたいなら、今すぐマーガリンを捨ててください。

 

食育セミナー2

ラインバナー(HP)

電話予約(HP)


SNSでもご購読できます。

2020年7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031